×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

  『パパとクロウ』
パパは、特別でもない外出や家での食事にクロウを誘う。外食もする。買い物も行く。ウォーキングもする。
昨日は桜の話をした。けれど遠くではなくて、地元の桜。
会うたびに、クロウは喉がカラカラになるまで喋る。




クロウは、物心つく前から酷く寂しかった。ママは働いていて、それから病気になって入院すると、クロウはグランマに育てられ、ママの実家で過ごすこともあった。
クロウの家は少し複雑で、クロウとグランマは血が繋がっていない。けれどクロウはグランマが大好きで、ママがちょっぴり嫉妬していたことをクロウは知っていた。


ママは病気で体が不自由になって、幼稚園の運動会でのダンスはシスターと踊った。幼稚園へは、クロウのアンクルが送ってくれた。
小学生の運動会は、クロウのアントと一緒に走った。その時のお弁当も、アントが作ってくれた。
クロウにはそれが当たり前で楽しかったけれど、夜はちょっと泣いた。




クロウはパパが怖くて嫌いで、大人になってからは、家を出るまでは2人になるとほとんど話をしなかった。離れてすぐも、あまりコミュニケーションをとらなかった。
ちゃんと親子になったのは、パパが病気になってから。パパが変わって、クロウは初めてパパを家族だと思った。




クロウは昨日、忘れていた市場への社会科見学の日を思いだして、パパに伝えた。それは父兄参加で、パパもママも出られなかったクロウは、休みたかったこと。夜、布団の中でボロボロ泣いたこと。
パパは数秒黙って「それは、寂しい思いをさせたね」とつぶやいた。パパは、何度もその市場へクロウを誘ったけれど、クロウが頑なに行きたがらない理由もわかった。
クロウは「うん。でも、仕方のないことだよ」と笑った。




クロウとパパは、昔できなかったことを取り戻そうとしている。社会科見学で行った市場へも、2人で行こうと約束した。




10.03.18