×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

  『』
打たれた頬が熱い。
アールグレイの香りにミルクを足して、かき混ぜながら煙草に火をつけた。黒いレースカーテンからこぼれる月明かりは、夜明けが近づいていることを知らせてくれる。


カツン。ライターを投げた彼は、ブラックティーを飲んでいる。


歯に当たって切れた口の内壁がズルリと剥けていて、いちいち当たる。無理矢理に噛み切ると、口の中が血液で満たされていく。


今、口を開いたらだらり。
こぼれ落ちるだろうしかし。
さとられないように私は。
口の中にたまっていく血液を、ゆっくりと飲み下した。




06.4.30