×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

  
嫌になるくらい降り注ぐ太陽に
あきれるくらい冷たい水をあびて
ベランダで大きく息を吐く


「溜め息?」って笑う君は
夏の空に消えていく風船みたいな声
びしょぬれの猫が勘違いして笑ってる


ふわふわしてたまらないんだ
風にそよぐ洗濯物の隙間から青空


うすく目をあけて微笑んでいるのに
どうしちゃったの爬虫類みたい


倒れているの起き上がってるの
泣いているの笑ってるの
見えないほど不確かな君の爽やかな朝


振り返れば爬虫類はどっか行っちゃってて
つるつるな君は目も鼻も口もどこにあるかわかんない


結局なにがいいかなんて
誰にもわかんないんでしょう
わかんない、でしょ?


笑えばまた聞こえてくる
夏の空に消えていく風船みたいな声
びしょぬれの猫が悲しくて笑ってる


倒れているの起き上がってるの
泣いているの笑ってるの
見えないだけ不確かな君の爽やかな朝




10.08.11