×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

  
消えてしまえと蔑んだ声が蘇る夜
うずくまっても寝息が聞こえる


一人になりたい
独りになりたくない


するすると絹が滑るように
換気扇から抜けていく煙のように
揺れながら落ちていく羽のように
ぶつかりながらつかえながら
冷めていく束の間の熱


掠れた声の隙間に
さようならの影を潜ませてみる


撫でられた背中がはりつく
暑くて仕方がないのどうして


一人になりたい
独りになりたくない


ガラスを伝う雫のように
風にそよぐ蜘蛛の巣のように
昇っては沈む太陽のように
自由に見えて不自由に
縛り付けられていく


乱れた呼吸の裏に
さようならの影が潜んでる




06.12.29