見えていた色がなくなって
わたしはいずれ、一文字も綴れなくなるだろう




11.7.30